施工事例

外壁補修工事

… 外壁補修工事 …

施主様:大阪府堺市 完工年月:2020年6月
 

施 工 概 要

補修箇所解体
透湿・防水・防風シート撤去
取り付け施工
施工完了
■補修箇所解体

サイディングボードとは、家の外壁を形成するパネル型の外壁材のことです。
工場で作られたサイディングボードを外壁に貼り合わせ、その貼り合わせたサイディングボード同士のすき間をゴム状の建材で埋めることで外壁を形成しています。

工場で作られたサイディングボードを外壁箇所に貼り合わせるだけの作業なので、手作業で外壁を形成するモルタル外壁の工事よりも工事期間やコストを抑えることができます。
レンガ調やタイル調などの様々なデザインがあるので、住宅のデザインや雰囲気を自分好みにアレンジすることもできます。
サイディングボードは現在の日本において主流の外壁材です。


今回はサイディングをすべて外して透湿シートを貼り替え通気工法施工をします。
既存のサイディングボード上方から下方に向けて剥がして行きます。白い紙は二次防水材透湿・防水シートですが、すでにカビが生えており、相当な湿気が溜まっていたことがわかります。
壁の中の断熱材と外壁下地材との間に湿気がこもると、合板などの湿気を通しにくいものでは年数が経つうちに下地材が湿気で腐ってしまうことがあります。

■サイディング取り付け施工


サイディングを貼る前に、透湿性防水シートを貼り胴縁を取り付けます。

胴縁が完了してから金属のサイディングを一枚一枚貼っていき開口部には雨水が入らないようテープ処理をします。
シートはサイディングの中に雨が入っても内部に入らないよう下から順番に貼っていきます。



防水シートと同じでサイディングボードも下から順番に張っていきます。上下に約10cm、左右に約15cm重ねて施工します。
透湿防水シートの上に通気用の「胴縁」を取り付け、サイディングボードの繋ぎ目となる部分にハットジョイナーと呼ばれるジョイント用の金物を用い、サイディングボードを張り付ける工法です。

構造用合板が乾燥したら新たに透湿・防水シートを張って行きます。
特にサッシ周りや換気口などの開口部周りの防水処置は確実に行う必要があります。

■施工完了

最後に養生テープをはりシーリングを打っていきます。
シーリング材は優れた柔軟性で目地切れを防ぎ、変色や汚染の起こらない1成分型ネオウレタンシーリング材オートンサイディングシーラントを使用。
高耐久・高耐候性で長期間性能を維持します。
打ち終わったらサイディングの張りかえ施工完了しました。

外壁と屋根の同時リフォームで美しく、長く安心して暮らせる家になりました。


サイディングカバー工法の完成です。雨漏りを止め尚且つ美観も新築のように生まれ変わりました。
綺麗になりましたね!雨漏りがひどいとの相談を受けたときのI様の不安は取り除けたのではないでしょうか。
今回は雨漏りが目に見えましたが、知らないうちに内部が蝕まれていることもありますので、やはり定期的なメンテナンスは必要です。


≪ 一覧へ戻る
TOPへ戻る
表彰実績
ユーエヌエイチシーアール ピンクリボン 子ども地球基金 赤い羽根共同募金
Instagram
© 2015 - 2020 Self Supply Inc.